« 6月に乗ったクルマたち。 | Main

September 03, 2011

ポルシェ356B Super ペイント作業、パート1。

356b_t6_s84

2011年5月1日、ペイントショップに入れる直前の姿をとどめておこうと、世田谷の某所でわがLumix DMX-LX3のライカレンズに収めた1962年ポルシェ356B Superの斜めフロントビュー。この写真では、ボディを再塗装する必要があるとは思えないほど綺麗に見えますすが、実は塗装のお肌はけっこう荒れているのであります。

Lx3_110417_028

上のカットの半月ほど前にスパルタンラボ=事務所の横で撮った、僕の好きな斜めリアビュー。これを僕がイメージする Super 75GT仕様に仕上げようというのですが、果たしてその結果は・・・。

Lx3_110506_028

2011年5月6日、356B Supoer、川崎市のアイムというペイントショップにいよいよ入庫の図。

Lx3_110514_125

2011年5月14日、入庫のおよそ1週間後に訪ねてみると、このようなストリップダウン状態に。

Lx3_11051314_048

そう、再塗装の下準備に入りつつある状況ですが、バンパーを外したお尻の丸くて可愛いこと!

Lx3_11052526_093

2011年5月26日、ルーフの塗装をはがしてみたら、鋼板にドイツ語の文字が現れたとのこと。

Lx3_11052526_070

40年以上この仕事をやっているという社長も、文字を目にするのは初めてだと驚いてました。

Lx3_110619_016

2011年6月19日の姿、黒い部分はサフェイサーではなく、梅雨の雨対策コーティングとのこと。

Lx3_110703_015

2011年7月3日、前回から2週間ほど経っていますが、ボディ本体にさほど大きな変化はなし。

Lx3_110703_002

とはいえ、左右のドアが外されて、塗装のための黒いサフェイサー処理がなされていました。

Lx3_11072730_018

2011年7月30日、ボディ本体も塗装がはがされて黄色く処理され、すべての開口部には黒いサフェイサーが塗られていました。それらの開口部パーツを本来の場所に仮組みし、前後ウインドーも仮に入れるてみと、ぐっと356らしく見えます。

Lx3_11072730_024

この斜めリアビューもチャーミング。356の横ではナローの911が同様の作業を受けています。

Lx3_11081011_008

2011年8月11日、このマットブラックが本来のサフェイサーで、いよいよ塗装準備完了間近に。

Lx3_11081011_043k

この日はミラーの取り付け位置を決定。ドアは見にくいのでフェンダーの後方にセットします。

« 6月に乗ったクルマたち。 | Main

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 6月に乗ったクルマたち。 | Main