« スペインのアストンマーティン、爽快写真集。 | Main | 5月に乗ったクルマたち、その後編。 »

May 30, 2011

5月に乗ったクルマたち、前篇。

Lx3_11051314_015k_2

久しぶりのアップになりますが、この5月に仕事や試乗会でドライビングしたクルマについて報告しましょう。

5月になって最初に乗ったのがこのクルマ、ルノー・メガーヌの5ドアハッチバック、日本でプレミアムラインと呼ばれるモデルでした。メガーヌはヨーロッパでは2008年にこのボディに世代交代していたんですが、日本には今年まず3ドアのRSが入り、次いでこの5ドアも導入されたというわけです。実は僕は去年の春、南仏ニースで借りたレンタカーがこれと同型のメガーヌ5ドアのターボディーゼルだったんで、ひと足早く乗っていたのであります。

Lx3_11051314_022_2

エンジンは2リッター4気筒で、トランスミッションはマニュアルモードつきCVTですが、実はこのパワートレーン、ルノーのオリジナルではなく日産製をベースにしたもので、その制御系などをルノーが独自開発したものといわれています。

Lx3_11051314_009k_2

走ってみると、素晴らしく剛性の高いボディが印象的で、硬めだけれど路面のいなし方が独特なサスペンションにはルノーを感じますが、パワートレーンはルノーというより日産風味の方が強いですね。メガーヌの詳しいインプレッションに興味のある方は、6月1日発売の自動車誌『CAR GRAPHIC』7月号をチェックしてください。

Lx3_110516_008k

次に乗ったのはこのボルボV70のDRIVeというモデルですが、これはクルマそのものの試乗のためではなく、ネット『webCG』の仕事でブリヂストン・レグノのニューモデル、GR-XTを味わうためのテストベッドとしてV70を走らせたのでした。しかもこの日はパセンジャーシートにバイオリニストの川井郁子さんを伴うという、ちょっと豪勢な箱根往復でありました。

Lx3_110516_002

これがそのブリヂストン・レグノGR-XTで、サイズは205/60R16ですが、レグノのイメージどおり乗り心地が快適で、耳障りなロードノイズが感じられず、それでいて動的性能もちゃんと確保された、好印象のタイヤでした。

Lx3_11051718_043

続いては軽井沢に出掛けて、2代目メルセデス・ベンツCLSクラスを走らせてきました。当面日本に導入されるのはV6のCLS350と、V8のCLS63AMGの2モデルになりますが、写真の赤いクルマはそのアグレッシブな外観からも想像がつくとおり、後者でありますね。

Lx3_11051718_005

この写真は、CLS350のリアシートに収まった際に、自分と反対側のサイドウィンドーを撮ったカットですが、このウィンドーグラフィックがいかにもCLSでしょ。リアシートの居住性は先代より進歩していることを実感しました。

Lx3_11051718_052

ドライビング感覚は先代よりタイトで洗練されていると感じましたが、このスタイリング、どう評価したらいいんでしょう。正直にいうと、先代CLSの方がこのジャンルのパイオニアにふさわしい魅力があったというのが僕の印象ですが、皆さんはどう思いますか?

Lx3_11051819_033

CLSに続いて乗ったのは、名古屋の郊外でステアリングを握ったこの1967年ポルシェ912。ポルシェマニアならご存知のように、912は1965年から69年までの911極初期に存在したモデルで、911のボディに356に積まれていた90psの1.6リッターOHV水平対向4気筒エンジンを収めた、いわば911の廉価版でした。

Lx3_11051819_048k

356と基本的に同じ1.6リッター空冷OHVフラット4を収めた912のエンジンルーム。後半部分がスカスカの空間になっていることから、911のフラット6の大きさが実感できるというものであります。

Lx3_11051819_079m

しかもこのグリーンの912、コンディションのいいクルマだったこともあって、911とも356とも違う独特の魅力を持っていることを実感させてくれたのでした。この912のロードインプレッション、6月7日発売のポルシェ専門誌『911DAYS』2011Summer号に掲載されるので、ヒストリックポルシェ好きはぜひチェックを!

« スペインのアストンマーティン、爽快写真集。 | Main | 5月に乗ったクルマたち、その後編。 »

Comments

tonyさん、

初代CLSはデビュー当初色々と物議を醸し出しましたが、今にしてみるとオリジナリティの高いデザインのクルマですね。

Posted by: 吉田 匠 | June 05, 2011 at 04:43 PM

新型のCLSは色々とフェイスリフトされる最近のメルセデスと同じ顔付きになってしまい、独自性が薄れたなあと感じます。旧CLSはいまだに魅力が褪せませんねえ。

Posted by: tony | May 30, 2011 at 06:01 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« スペインのアストンマーティン、爽快写真集。 | Main | 5月に乗ったクルマたち、その後編。 »