« September 2010 | Main | December 2010 »

November 08, 2010

グッバイ、「964C2GT」、別名「ケロヨン号」 ! (涙)

Lx3_100911_011_2
<すべての画像は画面をクリックするとサイズが拡大されます>

このところバタバタしていて、ずいぶん久しぶりのアップになってしまいましたが、実はその間に、色々なことがありました。

ひとつは、アップが遅れたバタバタの主な原因になった事務所の移転で、これについては僕の別ブログ『男は黙ってスポーツカー』ですでに報告しています。

そして、ここで初めて公表することになるもうひとつの出来事が、「ポルシェ964C2GT」、別名「ケロヨン号」を最近手放した、という事実であります。

Lx3_100911_151_2

購入時実走行距離2万3000kmのワンオーナー車という、すこぶるコンディションのいいMT仕様の964カレラ2はまさに絶好調、最初はちょっと派手かなと思ったシグナルグリーンのボディカラーも、いったん慣れたら大いに気に入っていました。

それにこのコクピット、シートはレカロのリクライニングバケットに替えようと思っていたのですが、実際に走ってみたらオリジナルのこのレザーシートの座り心地と肌触りのいいこと、長時間座り続けてもまったく疲れません。

Fx100_090503_06730jpg_2

それでもベーシックな雰囲気を変えない範囲でモディファイしたくなる癖は抑え切れず、ホイールをブラックアウトした鍛造の17インチ、アウトストラーダSPREAD-M7に替えてBSポテンザRE050を組み合わせ、フロントに控えめなRS3.8用純正スポイラーを装着、チョイ不良を気取ってますます惚れ込んだのであります。

ならば、それほど気にいっていたC2GTを手放すことになった理由はというと、他でもない、別に欲しいクルマが出現し、それを手に入れることになったから、ということになります。

シルバーの超初期型ナロー、1965年911を手放したのは、ナローより頻繁に乗れるより現代的な911が欲しくなったからで、その結果ガレージに収まったのが、このシグナルグリーンの964でした。

Lx3_100911_124_2

それから2年9カ月、今年9月11日のポルシェジャパンデイ御殿場ミーティングから戻った時のオドメーターは写真のように3万3711kmを示していたので、その間の走行距離は1万km強と、意外やあまり長くないですね。

964はトラブルが多いとしばしばいわれますが、僕のC2GTはエアコン関係の不調を抱えていたことを除けば健康そのもので、そのドライビング感覚はファンにして速くしかもすこぶる上質と、まさにポルシェの特質を存分に味わわせてくれたのでした。

Lx3_100911_138

がしかし前記のように、以前から気になっていた別のクルマを手に入れたい思いがますます増幅、となると資金的にも駐車スペース的にもC2GTを所有し続けることは叶わず、この10月末、別れの時がついにやってきたというわけです。

その「別のクルマ」が何なのかについてはこの後、別ブログ『男は黙ってスポーツカー』にアップする予定です。

それはそれとして、日常的に乗れるポルシェ911が再び欲しくなったときには、僕はやっぱり964を手に入れるはずで、もしもその時にクラッチペダルを操作するのが肉体的に辛くなっていたりしたら、ティプトロニックもアリだと思っています。

僕のなかで964は、ナローと並ぶ永遠の911なのですから。

| Comments (12)

« September 2010 | Main | December 2010 »