« February 2010 | Main | April 2010 »

March 20, 2010

久しぶりにC2GTを駆って大磯の試乗会へ。

Fx100_10031718_150
<すべての画像は画面をクリックするとサイズが拡大されます>

先週半ばのこと、ブルーテックターボディーゼル搭載車をはじめとするメルセデスEクラス・ステーションワゴンの試乗会が大磯であり、久しぶりにポルシェ964C2GTに乗っていきました。

写真は午後5時過ぎ、薄暗くなった事務所のパーキングに帰り着いたところですが、このシグナルグリーンのボディカラー、昼間より若干ダークに見えて、これはこれでいい感じと自画自賛。

Fx100_10031718_164_2

まぁなんというか、相変わらずすべてのレスポンスが素晴らしくスムーズなことに感心し、僕の意のままに走ってくれる、実に気持ちのいいドライビングを堪能することができました。

なかでも特に、スロットルを軽く踏み込んだのに反応してトルクが膨らむ様が絶妙で、この感覚って調子のいい964エンジンでのみ味わえるものではないかしらと、再び自画自賛。

Lx3_10031920_037

それもこれも、家の近所に見つけた自動車電装屋さんでバッテリーを時間をかけて充電してもらい、ついでに例のグリーンのダイヤルを持つバッテリーキルスイッチをつけたお陰といえます。

ただしこのスイッチの配線、繋ぎ方によっては “ビーッビーッ” という盛大なアラーム音が鳴ってしまうなど、前に乗っていた旧い1965年911と違って、なかなか複雑な様子ではありますが。

| Comments (8)

March 10, 2010

「ルノー&インターマックス 6 Wheel Day」、近づく!

00002294
<すべての画像は画面をクリックするとサイズが拡大されます>

ルノージャポンとスポーツバイクブランドのインターマックスが共催して、4輪車と2輪車をいっしょに愉しもうというイベント、「ルノー&インターマックス 6 Wheel Day」が今週の土曜日、3月13日に開かれます。

舞台は関東近辺のメジャーなロードバイクフィールドである伊豆修善寺の日本サイクルスポーツセンター。

そこでは、日本人で初めてツール・ド・フランスに出場した元レーシングサイクリストで、インターマックスを主宰する今中大介さんと僕が、トークショーをやる他、上の写真にあるルノー・メガーヌR26R他のスポーツモデルを使ったサーキットタクシーも走り、僕がそのドライバーの一人になる予定です。

Photo

下の写真は、目的のフィールドまでスポーツ自転車を運ぶのに最適なクルマ、ルノー・カングーですが、このカングーも当日は各色が現場に揃う模様。

ルノーユーザーはもちろんのこと、それ以外の方も、クルマ好き、自転車好きは、3月13日、ぜひサイクルスポーツセンターに集まってください。

イベントの詳細についてはこちらをチェックされたし!

| Comments (5)

March 04, 2010

WOWOW 『スーパーカー伝説』 現在撮影中。

Fx100_20100224_100
<すべての画像は画面をクリックするとサイズが拡大されます>

WOWOWのクルマ関連ドキュメンタリー番組『スーパーカー伝説』の撮影が進行中で、僕も1年前の『日本名車伝説』に続いて、今年も出演しています。

上の写真は先月下旬、袖ヶ浦フォレストレースウェイを舞台にした第1回の撮影風景で、1960~70年代のこれらのクルマすべてに乗りましたが、手前の73年ポルシェ911カレラRS、やっぱり抜群に乗りやすかったですね。

このWOWOW『スーパーカー伝説』、放送は前編と後編に分かれていて、前編が3月28日(日)4:30PMから、後編が4月4日(日)4:30PMからとなっているので、スーパーカーとスポーツカーのファンはお見逃しなく!

Fx100_20100224_090

この日は、『サーキットの狼』の作者、池沢早人師さんとの対談もあったりして、クルマはその『サーキットの狼』にちなんだもの、リアウィングをはためかせたロータス・ヨーロッパがその典型でありますね。

Fx100_20100224_086

これも『サーキットの狼ミュージアム』からやってきたランチア・ストラトスですが、見た目から想像できるとおり走らせても素晴らしいコンディションのクルマで、久しぶりにストラトスに惚れ直しました。

Fx100_20100224_091

これはフォードの5.7リッターV8をミドシップに収めたイタリアン、デ・トマゾ・パンテーラ。実は僕はこれに乗るのは今回が初めてでしたが、漠然と想像していたよりタイトで豪快な走りの、いいクルマでした。

Fx100_100301_044

こちらは3月に入ってからの伊豆スカイラインでの撮影風景ですが、この日の主役の1台はこの機械的なコンディションも抜群のランボルギーニ・ミウラP400。

その美しいスタイリングとともに、すこぶる刺激的なサウンドを奏でて回る4リッターV12エンジンに痺れまくったのでした。

Fx100_100301_057

これはそのミウラのタイトなコクピットですが、一度収まると、下りたくなくなる空間でありました。

Fx100_100301_05831jpg

こちらはこの日のもう1台のスター、ディーノ246GT。これも久しぶりに乗ったディーノは素晴らしいコンディションのクルマで、無理とは知りつつもちょっと欲しくなったりしたのでありました。

そうそう、ディーノの後方に立つ人物はこの日のもう一人の出演者、鈴木亜久里さんであります。

Fx100_100301_088

そしてこれが伊豆で乗ったやや新しめの2台、ランボルギーニ・カウンタックLP400とフェラーリBB512iですが、ワインディングロードで飛ばしやすくてしかも愉しいのは恐らく皆さんの予想と違って、圧倒的に初期型カウンタックの方でした。

| Comments (7)

« February 2010 | Main | April 2010 »