« 964C2GT、タイヤをリニューアル。 | Main | ポール・フレール先生のこと。 »

February 29, 2008

ゴルフ+KONI FSD、ワインディング編。

Fx100_080225_06830jpg
<すべての画像は画面をクリックするとサイズが拡大されます>

2月最終週、KONIの機械式可変ダンパー、FSDを装着したウチのゴルフGLiで、ワインディングロードを走ってきました。これまで報告したとおり、市街地、高速道路と、その快適な乗り心地と姿勢の安定感で好感触を得ていたFSDですが、果たしてワインディングではどうだったか? その印象は僕の予想したとおりでした。まずはFSDの前に装着していたKONI SPORTと比べると、ステアリングを切り込んでコーナーに進入していくときのレスポンスに関してはSPORTよりもマイルドな印象で、SPORTのように切ると同時にノーズが内側に入り込んでいく、という感触はさほど明確ではありません。その一方で、記憶にあるノーマルダンパー装着時と比べると、反応は一段とシャキッとした印象で、ずっとスポーティに感じられます。さらにコーナリングから脱出に至る段階でも、ノーマルダンパーよりも明らかに姿勢が安定していて、コーナリングスピードも確実に速くなっている実感があります。

Fx100_080116_01330jpg

ここでワインディングロードにおける印象の結論めいたことを書けば、KONI FSDはコーナリングスピードと安定感を明らかに向上させてくれます。その一方で、レスポンスのシャープさという点では、同じKONIのSPORTに及ばないという印象でした。だから、不整路面でボディの上下動が多少きつくなる乗り心地を覚悟した上で、あくまでワインディングでのファン・トゥ・ドライブを最優先したいのであれば、僕はFSDよりもSPORTをオススメしたいと思います。それにもうひとつ、今年1月19日の当ブログに載せたKONI輸入元、FETのデモカーのゴルフが装着していた、車高を20㎜ほど下げるコイルスプリング+FSDという組み合わせの「KONI FSD ローフォルムキット」も、市街地における経験では乗り心地もほとんど悪化せず、クイックなレスポンスが実感できたので、ファン・トゥ・ドライブ優先派には悪くない組み合わせではないかと思いました。一方、ワインディングでのクイックなレスポンスをさほど求めないのであれば、乗り心地と姿勢の安定を確実に向上させるFSDは、絶好のダンパーアイテムではないかと思います。以上、ドライビング好きなゴルフⅤユーザーの参考になれば幸いであります。

Fx100_080225_05430jpg

ちなみにこれは同日、伊豆スカイラインで、自動車誌『Tipo』編集部S君のゴルフGTと並ぶの図。S君のGTの脚はノーマルですが、GTは硬めの乗り心地と引き換えに、GLiより車高が低いのが分かります。

« 964C2GT、タイヤをリニューアル。 | Main | ポール・フレール先生のこと。 »

Comments

kenkenさん、
04年モデルと05年モデルは後車の方が明らかに乗り心地が硬めだと僕は認識していますが、06年モデルのサスペンションが05年から明確に変更されているという認識は僕にはありません。
どっち方向に変わったのでしょうか、ソフト化、それともハード化?
もしも変更があったとしても、ダンパーを替えれば乗り味は概ね僕がリポートした方向に変化するのではないかと思います。
とはいえ、現状の標準ダンパーに特に不満がないのであれば、強いて替える必要はないと思いますが・・・。

ねぎとろさん、
ゴルフⅣ、今でもしばしば目にしますが、決して古臭い感じのしないクルマですよね。
ゴルフはⅤになって、シャシーもパワーユニットも一新されたので、走りはⅣより歴然と進化した現代的なものになっています。
でも、そういうことを望まなければ、コンディションのいいⅣもアリかもしれませんね、たしかに。

Posted by: 吉田 匠 | March 02, 2008 at 06:44 PM

うー。ゴルフも欲しくなってきちゃいました・・・
実はゴルフⅤもいいのですが、ゴルフⅣに今更ながら惹かれています。
ちょっと古いゴルフに足回しをシャキっとさせて乗るとどうかなあ~。
などと、ボンビーサラリーマンはお金が無い中で楽しい車ライフの妄想をめぐらせるのでした。

Posted by: ねぎとろ | March 02, 2008 at 11:03 AM

シャープなハンドリングは求ていない私にとって、乗り心地の良いFSDは非常に魅力的に感じました。ただ、私のGOLF(GLi)は06モデルなので、O5モデルとはサスが変更されており、同じような走りになるかはわかりませんが。。。。taurus

Posted by: kenken | March 01, 2008 at 12:40 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 964C2GT、タイヤをリニューアル。 | Main | ポール・フレール先生のこと。 »