« エスティマ、ローバー、ルーテシア。 | Main | 恒例JAIA大磯試乗会。 »

January 26, 2006

ガイシャ大試乗会でDSG再考。

060126_025

060126_071

060126_019

060126_041

    ここ数年恒例になっている月刊誌『ENGINE』主催のガイシャ大試乗会が26日、神奈川県の大磯プリンスホテルをベースにして開かれました。60台あまりの最新の輸入車を一堂に集め、自動車ジャーナリストや編集スタッフからなる30人ほどがそれに試乗、同誌4月号にそのリポートを掲載するというものです。各人が試乗を担当するクルマは編集部によって決められた6台が原則で、自分勝手に選ぶわけにはいきません。担当外でも、空いているクルマに乗るのはもちろん自由なんですが。

 僕の担当に指定されたのは、フェラーリ612スカリエッティやランボルギーニ・ガヤルドをはじめとする6台で、ここ数日のなかでは比較的気温が高かったためもあって、3番目の画像のように周囲に雪はあるものの道路はほぼドライだった箱根ターンパイクまで往復して、テストドライブに勤しんだのであります。で、その6台のなかの1台が一番下の画像の白いゴルフGTIで、ステアリングホイールにパドルが付いた最新仕様のDSGを備え、オプションの18インチのホイール/タイヤを履いた2006年モデルでした。

 実は僕は2006年モデルのGTIに乗るのは今回が初めてでしたが、やっぱりこいつはあらためて感激するほどいいクルマでしたね。一昨年、南仏で乗った本社の試乗車で実感したのと同じく、18インチを履いたGTIの乗り心地は素晴らしくフラットかつ快適で、ホイールの見た目の印象と違ってバネ下の重さをまったく感じさせません。と同時に、さらなる進化を感じたのが2ペダル6段MTのDSGでした。マニュアルシフトした際の変速がスムーズなのは以前からのことですが、オートマチックモードで走っても、今やよくできたトルコン式ATに遜色ない滑らかさで変速するのに感心させられたのです。

 というわけで、当ブログの「裏通りの雪」のページのコメントでkatsuさんからの質問に答えた際、「オートマチックモードはあくまで添え物なので、DSGでも街中ではマニュアルシフトして走る」という意味のことを書いたのですが、それを「少なくとも最新のDSGなら、市街地ではオートマチックモードで不満なく走れるはず」と訂正するべきではないかと思いました。ただしすべてが完璧にAT並みというわけではなく、例えばDSGに備わるクリープモードは4秒ほどで解除されてしまうので、坂道発進はATよりも素早く敢行する必要があったりします。

 それにもうひとつ、つけ加えておきたいのは、DSGをはじめとするこの手の2ペダルMTには、たしかに古典的なMTにはない愉しみがあるものの、歯切れのいいシフトレバーを自らの手で操作する純粋なマニュアルシフトの悦びに代わるものだったり、それを凌ぐものだったりはしない、という見解であります。2ペダルMTの新しさと素晴らしさは認めつつも、ドライバーの思うままに操作し、思うままにエンジン回転をコントロールするという点においては、今でもいわゆる“手こぎ”のクラッチペダル付きMTに勝るものはない、と僕は思うのであります。

« エスティマ、ローバー、ルーテシア。 | Main | 恒例JAIA大磯試乗会。 »

Comments

ザ・リッツ・カールトン大阪のエントランス脇にコ●ン●のショールームが出来ていました。
612スカリエッティ,F430スパイダー,マセラティ・クワトロポルテ,グランスポーツと夢のような展示車でした。
運転席に座りたいとお願いしたのですが「ご商談でなければちょっと・・・。商品ですので。」と丁重に断られ、カタログの代わりにペラペラのパンフレットをくれました。
乗ってみたかったです(泣)。

Posted by: らた | January 29, 2006 at 10:32 PM

吉田さんと同意見です。
私は古い人間ですから今まで乗った車はほとんど手こぎMTです。       ヒルアンドツーを駆使して峠、サーキットをエキゾーストノートを聞きながら走行していました。
シフトダウンがスパッと決まったときは最高の気分。
ほとんどクラッチを必要のないタイミング。
一人悦に入っていました。
BUTしかし大事件、革命が発生。
友人のアウディ A3スポーツバック の6速 DSGしびれました。
その完成度の高さ、人間の5感に響く味付け、BEST ATです!
固定パドルで楽しみまくりました。
手こぎは趣味性、懐古的なメカニズムになりつつあります。
早く911につけてほしいですね。
 

Posted by: クネゴ | January 29, 2006 at 04:12 PM

Marsさん、ゴルフGTIはボディの軽量化なんて特にやってないと思いますよ。
なので、ドアの開閉感が安っぽく思えたという理由、僕にはちょっと分かりませんね、残念ながら。

Posted by: 吉田 匠 | January 29, 2006 at 03:12 PM

GTIの試乗車に乗ってみたくなりました。ただ、(ショウルームのシートに座った感じでは)ドアの開閉の質感は、GLiやGT等の方が大人っぽい雰囲気のような気がしましたが...。ボディの軽量化などが影響しているんでしょうか?

Posted by: Mars | January 28, 2006 at 11:35 PM

吉田さん、早々のご回答をありがとうございました。
じつは小生、2ペダルMTは初期のアルファ156のセレスピードと同じく初期のBMWのSMGしか乗ったことがないんです。そのときの印象があまり良くなかったものですから。
最新のDSGにも乗ってみたいものです。
でも小生はヒール&トゥが決まったときの悦びを(ダブルクラッチじゃないと上手くいかない旧式人間ですが……笑)大事にしたいと思います。
ありがとうございました。

Posted by: まりり〜 | January 28, 2006 at 10:33 PM

変速機としての機能だけを考えれば、理想は無段階変速なのだと思います。
私は、上手くいったり失敗したりするたびに、運転能力を自画自賛したり反省したり、それが楽しくて自動車に乗っていますから、やはり「手こぎ」でしょうね。
S.モスだって、よもやDSGとあちらのテクニックを同列にお語りにはならないでしょうし。

Posted by: Hide | January 28, 2006 at 09:05 PM

まろり~さんの難しい質問にお答えしてみましょうか。

トルコン式ATに対する2ペダルMTの優位性は幾つかあると思われますが、その最大のものは、流体クラッチを介さないことによるトルク伝達効率の高さなんでしょうね、やっぱり。だからこそ、速さが最大の正義であるF1が、近年あの手のトランスミッションを使っているわけですから。しかも変速に要する時間さえ、プロの操るマニュアルシフトより歴然と短いというんですから・・・。

だから、そこまで速さに直結する効率を求めない実用車には、扱いやすいトルコン式ATで充分ではないかと、僕も思います。ただし、フェラーリのようなスーパースポーツの2ペダル仕様には、トルコン式ATよりも2ペダルMTの方が相応しいとは思いますね、色々な意味で。

そこでさらに話を一歩進めて、2ペダルMTとコンベンショナルな3ペダルMTを比べてみると、今や変速などの速さでは前者が勝るわけですから、とにかく速く走りたい効率主義者は2ペダルを、シフト操作をエンジョイしたいファン・トゥ・ドライブ主義者は3ペダルを選ぶ、という選択が正しいんじゃないでしょうか。
それはもちろん、2ペダルMTにはトルコン式ATや3ペダルMTにはない独特のファンがあるのは認めた上でのこと、ですけれども。

つまり今や、3ペダルの“手こぎ”式MTは速く走るためのメカニズムではなく、ドライビング・ファンを得るための装置と認識するるべき時代になったのだと、何年も前から、僕は考えています。
だからこそ、日本のように実用車にはATを選ぶのが普通になっている国においては、シフトタッチの心地好くないMTは今やあまり存在価値がないのではないか、と思うわけですね。

Posted by: 吉田 匠 | January 28, 2006 at 01:07 PM

吉田様
表のページに名前を出していただき光栄です。
先日頂いたお答えに、理性では納得しつつも共感し切れなかった私にとって(いずれにしても、自分自身で2ペダルも試してみるつもりですが)、今回の最後のパラグラフはものすごく嬉しいものでした。欲しい答えを期待して質問したみたいで恐縮ですが、やっぱり手こぎ万歳!

Posted by: katsu | January 28, 2006 at 02:48 AM

吉田さん、こんにちは! いつも楽しく拝見しています。
今回の吉田さんの「見解」には感銘を受けました。
そこで、ひとつ質問させてください。2ペダルMTのトルクコンバーター式ATに対する「優位性」はズバリ何なんでしょうか?
最近のATは大抵マニュアルモードが付いていますし、ロックアップクラッチを備えることから、昔の「トルコン」のような隔靴掻痒な感じは著しく改善されているように思うんです。サーキットを攻めるような「限界的状況」でないかぎり、トルクコンバーター式ATで充分なんじゃないかという気がしているのですが……。
スポーツカーは「手こぎのクラッチペダル付きMT」、それ以外はトルクコンバーター式ATかCVTが定番で、2ペダルMTは「徒花」なんじゃないかと思うのは間違いでしょうか?

Posted by: まろり〜 | January 28, 2006 at 01:59 AM

最新仕様のDSGも興味ありますが、ゴルフに
18インチのホイール/タイヤというのが気になります。しかも、乗り心地がよいとなると、なおさら。
“手こぎ”のクラッチペダル付きMT、っていいですね(笑)。
※TrackBackさせていただきました。

Posted by: 夢野忠則 | January 27, 2006 at 09:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28870/8360647

Listed below are links to weblogs that reference ガイシャ大試乗会でDSG再考。:

» Track BACCARS [BACCARS - ユメノ、クルマセイカツ]
ゴルフGTI最新仕様のDSG。なかなか、いいらしいですね。 これからは、2ペダルMTが主流になっていくのでしょうか。 どれくらい進化しているかについては、モータージャーナリスト吉田匠さんのブログで。 TAKUMI YOSHIDA.log「ガイシャ大試乗会でDSG再考。」(1/26) ... [Read More]

Tracked on January 27, 2006 at 09:45 PM

» DSG再考 [nobis]
吉田匠さんのブログで、ゴルフのDSGについてのエントリが上げられています。 最新のDSGはオートマで不満なく走れるそうです。というか今まではオートマチックモードは"添え物"程度のものだったのですか、フムフム。同時にドライバーの意のままに操るということではMTに勝るものはないというご意見。個人的にMTはずいぶん運転していませんが、ちょっとMTに乗りたくなりました。 しかし、お仕事とはいえフェラーリ612スカリエッティやランボルギーニ・ガヤルドに乗れるなんて、率直に言って”うらやましい”です:) ... [Read More]

Tracked on January 28, 2006 at 12:39 AM

« エスティマ、ローバー、ルーテシア。 | Main | 恒例JAIA大磯試乗会。 »