« 箱根で2つの対決試乗。 | Main | ルマン・クラシック。 »

November 15, 2005

なんとまぁ、マンセル復活!

    昨日、ネットでなんだか嬉しくなるニュースを発見しました。先週末に南アのキャラミサーキットで往年のF1パイロットを集めた第1回「グランプリ・マスターズ」というレースが開かれ、そこでかのイギリスの熱血ドライバー、ナイジェル・マンセルがポール・トゥ・ウィンを果たしたというのです。もう15年ほども前のことでしょうか、その最盛期にはマンちゃんことマンセルの熱いドライビングが大好きで、GPレースごとに熱心に応援していた僕としては、彼のカミソリのように鋭い反射神経とスキルが52歳になったという今も健在なことを知って、とても嬉しく思ったのでした。

 ここに画像を載せられないのが残念ですが、その記事に添えられた表彰台で笑うマンセルの写真によれば、なぜか例の立派な口髭を落としていましたが、猛烈に濃いあの眉毛は健在で、雰囲気はあの頃とほとんど変わっていません。彼はフィニッシュ後、「想像以上に楽しめた。まさにレースだった」と喜んでいたそうですが、もしかしたら最初はあまりノリ気じゃなかったのかも知れませんね。で、実際にコクピットに収まって走り出したら昔のように血が熱く滾ってきたと・・・。いやいや、そういうところも、いかにもマンちゃんらしくていい。

 このレースには、ジャック・ラフィ、ルネ・アルヌー、パトリク・タンベイ、ハンス・シュトゥック、デレック・ウォリックといった錚々たるメンバーが少なくとも15人ほど参加したようで、マシーンはV8エンジン搭載のワンメイクフォーミュラといいますから、DFVを積んだF3000あたりでしょうか。

 しかもこのレースにはもうひとつサプライズがありました。それは、終始マンセルを追い回して、たった0.4秒差で2位に入ったのが、かのブラジルのエマーソン・フィッティパルディだったという事実です。エマーソンといえば、1972年にJPS・フォードを駆って25歳で史上最年少ワールドチャンピオンになり、今年アロンソに破られるまでその記録をキープしていた1946年12月12日生まれの58歳。生まれた年は僕より1年前ですが、現在の年齢でいえば同い年。それが52歳のマンちゃんを追い回したというのですから、まだまだ僕らもイケるんじゃないかと勇気をもらったような気がしたりして・・・。

 さらにそれに加えて、彼らに続く3位でフィニッシュしたのが、ウイリアムズ時代のマンセルのチームメートたるイタリアの色男、リカルド・パトレーゼだったというのも、なにやら嬉しいじゃありませんか。

« 箱根で2つの対決試乗。 | Main | ルマン・クラシック。 »

Comments

リコメンドッチのクズイさん、お久しぶりです。
さすがオタク級のモーターレーシングファンらしいコメント、どうもありがとう。
また何かあったら是非コメントしてください。

Posted by: 吉田 匠 | November 25, 2005 05:49 PM

マンセル、かっこよかったですよねー。
あの頃はなんか、人間味あふれるドライバー達が沢山いたような気がします。
個人的にはマンセルとウイリアムズで同僚だったケケ・ロズベルグなんか好きでした。
アクセル全開でテール流してカウンター当ててオーストラリアGPの
市街地コースをブンブン走ってたケケ!
そういえばケケもヒゲはやしてましたよね。
マンセルはどっちかっていうと人なつっこい感じでしたが、ケケは大人の無頼派って感じでした。
ケケもグランプリ・マスターズって出てくれないかな。

Posted by: リコメンドッチ・クズイ | November 24, 2005 01:55 PM

ちなみに参加資格は、1)オープン・ホイールのレースから引退していること、2)F1に最低2シーズン フル参戦していること、3)健康診断にパスしていること、4)45歳以上でF1フル参戦から引退して2年以上たっていること、だそうです。
Medical Examinationにパスするというのがオジサンぽくて、いいですね。

本当に映像で見てみたいですね。フジ721も、往年のF1放映もいいのですが、このシリーズもぜひ放映してもらいたいものです。

Posted by: Hide | November 16, 2005 08:29 AM

新米モールトニアさんおっしゃるとおり、来年はアラン・プロストの参戦も噂されているようですね。

それからuzさん、マンセルと誕生日が同じ日ですか。ちょっと羨ましいですね。とはいえ、お年は違うんでしょ?

Posted by: 吉田 匠 | November 16, 2005 02:54 AM

巷では二世レーサーの活躍が報じられる時代ですが、いやはやどっこい初代も健在ですね。

なんだか今回の吉田様のコメントはいつもとは異なるはしゃぎっぷりが行間からにじみ出ていますね。

マンセルさんは、私も好きなドライバーで偶然にも誕生日が一緒なのです(いいでしょ)。

このレース、ぜひ映像で見てみたいものですね。

Posted by: uz | November 15, 2005 07:02 PM

私もそのニュース、トーチュウ新聞で見ました。大好きだったジャック・ラフィーが走っていたのを見てうれしくなりました。
レースは大盛況で来年からシリーズ戦になるとか、プロストも参戦の予定とか盛り上がっているようです。
日本でも開催されれば是非見たいものです。

Posted by: 新米モールトニア | November 15, 2005 03:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なんとまぁ、マンセル復活!:

« 箱根で2つの対決試乗。 | Main | ルマン・クラシック。 »